フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日の特別篇(15) | トップページ | 今日の特別篇(17) »

2020年6月30日 (火)

今日の特別篇(16)

  コロナウィルスの真実【11】(同上)

 

(ナレーション・つづき)

 

 当初、多くの政府は、この衛生面のウィルスにより施された封鎖は、

経済に、一時的な中断をもたらすのみだと逃げていた。

 だが、今は、住民がこうむっている経済的被害の大半は、永続的な

ものになると明らかになった。

 そのため、タイムリーな対応を拒んだために、また、過度の失業増加

のせいで、数千の会社が、数週間のうちに倒産している。

 述べているのは、計り知れない規模の経済崩壊に突入している無数の

国についてである。

 

 その中で、ウィルスによる危機の影が、長い間、潜在的に存在してきた

本格的な世界経済の面への警戒が、より拡大している。

 この経済崩壊、およびその爆発とドルの暴落について、或るアメリカの

著名な作家(兼経済評論家)ピーター・シフ(下の写真)が、すでに、

こう明言している。

 

    Photo_20200628183201

 

「この危機は、さらに、どのくらい悪化するのでしょうか?

経済が、これほど病んだ理由は、コロナウィルスのせい

ではありません。

 むしろ、コロナウィルスの前に、政府が行ってきた全ての

せいです。

 私たちは、公的債務危機の瀬戸際にあります。

ドルの価値が完全に崩壊する、ハイパーインフレが間近に

迫っています。

 

    Photo_20200628183901

       (第一次世界大戦後のドイツの窮状)

 

 税が削減されていますが、誰もが救済されており、

誰もがチェックを受け取り、誰も疑問に思わないのです、

誰が払うのか?と。

 政府は、支払いを受けなければなりません!

これらの税の削減は、詐欺だったのです。

 なぜなら、税の削減は、財政支出の削減と関係しているから

です。

 使われるのは、政府の費用であり、したがって、財政支出は

税収です。

 政府が用いる1ドル1ドルが、私たちが、融資しなければなら

ない1ドルなのです。

 

 増税がなされています。私たちに、今日、課税するでしょうか?

借金を要請するでしょうか?

 それは、つまり、今のところ課税は減るけれども、今後、増える

ということでしょうか?

 なぜなら、現在、私たちは、利子を支払うために、税金を払わな

ければならないからです。

 あるいは、連邦準備銀行(下の写真)が、債務を貨幣化するので、

さらに、紙幣を印刷するのでしょうか?

 それは、つまり、貨幣の切り下げを通して、政府に払うということ

です。

 

             Frb

 

 このようなことは、内部爆発を起こします。

まもなく爆発するでしょう。

 パーティが終わり、ドルが崩壊するでしょう。

そして、私たちが何年もの間輸出してきたインフレの波

来るでしょう。

 それが、私たちの海岸に打ち寄せ、生活費が、天井知らずに

上がるでしょう。

 

 ほんの数週間、あるいは数ヶ月の間、誰も収入なしでいられない

理由は、誰もが払うべき借金を抱えているからです。

 企業は、借り入れによって、最大限の資金調達をしています。

 連邦準備の、この安いお金を借りてきました。

過大評価された、その株を買うために、それを使ってきました。

したがって、個人的な貯金は、全く持たなかったのです。   【つづく】

 

 

 

     

 

    

 

 

 

 

« 今日の特別篇(15) | トップページ | 今日の特別篇(17) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Links