フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 私の平野貞夫論(53) | トップページ | 私の平野貞夫論(55) »

2020年6月12日 (金)

私の平野貞夫論(54)

 安倍総理「内乱予備罪」

         告発報告街宣【9】

 

 次も、平野氏の言葉です。

 

 それで、「児童虐待防止法」の元〔=理由(わけ)〕は、

昭和に入って、不況の中で、子供に対する虐待が、ものすごく発生

します。

 昭和5年に、板橋で、「もらい子殺人事件」という有名な事件が

起こるんです。

 内務省が、こんな事をやってたら、民心がおかしくなるというので、

「児童虐待防止法」を、昭和8年に、作るわけです。

 

 今、不況なのか好況なのか、分からんでしょう。

何か、戦後最大の好景気だと言うアベノミクス派もいるし、

いや、戦前にも無かった程の困った不況だと言う人もいます。

 経済そのものが、分断されているんですね。

 

 そこで、この時(昭和8年)に、議論になるんですよ。

 結局、児童を虐待するのは、親の責任。ー

 それから、道徳がおかしくなったから、そういう事(=虐待など)

をやるんだ、と。

 いわゆる、「親の責任」を中心とする防止法なんですよね。

 

 しかし、この時、賀川豊彦(1888~1960:下の写真)という

改革派のクリスチャンで、立派な社会活動家が怒るんですよ。

 彼が、何と言ったかと言いますと、「親を責めるだけでは、

改革にならない」と。「貧困を無くすべきではないか!」と。

 もっともな事ですよね。

 資本主義の矛盾(=貧困)に、児童虐待の原因が有るんだという

ことですよね。

 

    Photo_20200610150401

 

    Photo_20200610150501

 

 今は、児童虐待の実態が、日に日に深刻になってるでしょう。

 それは、そうですよ。

 格差が広がり、生活保護も受けれない、あるいは、今度の

消費税で、還元ポイントも対象にならんような家族が、相当

いるわけですからね。

 で、その人たちの悲鳴の中で、児童虐待が行われている。

 

 ですから、今の政党というのは、どうかしてると思いますよ。

私も、自由党員(当時)だから、偉そうなことは言えませんけどね。

 「虐待」に関して、政府案と野党案が有るんですけど、

「アベノミクスが原因だ」と言う政党は、どこにも無い

じゃないですか!

 新自由主義の弱肉強食が、現在の「児童虐待を作っとる」と

主張する政治家は、誰もいないじゃないですか!

 共産党も、いないじゃないですか。

 

 そこはねー。ボクは、やっぱり歴史を学んで欲しいと思いますね、

今の政治家共に。

 まあ、余り政治家の文句を言いますとね、国会で、「告発問題」を

採り上げてくれませんからね。

 これ以上は言いませんが、情けないと思いますよ、ホントに!

 

 そこで、この児童虐待、それから、国の統計の不正、偽装というのは、

この頃(昭和初期)は、めちゃくちゃなんですよ。

 陸軍と海軍は、それぞれ統計の取り方が違うし、各省も、全く違って

いました。

 それで、吉田茂さんが、戦後、アメリカから貰った食糧について、

鯖(さば)読んだでしょう。

 すると、マッカーサーが、「ちょっと多すぎるんじゃないか」と

注意したら、吉田さんが、「日本の統計が間違っていなかったら、

戦争なんかしてない」と言ったという話があります。

 

 しかし、戦後の日本の統計というのは、非常に正確です。

なぜなら、吉田さんが、大内兵衛さん(1888~1980:下の写真)

などの、どっちかと言うと、社会主義者を使って、きちっとした

統計の精度と大要を作ったからなんです。

 ですから、ある時期には、日本の統計は、国連から表彰されて

ますよ。

 

     Photo_20200610153501

 

  それを、アベノミクスのために、みんな壊したでしょう!

国家統計の偽装というのは、憲法より大事なんですよ。

国の信頼に関わることですからね。

 そういう議論を、国会で、誰もしていないじゃないですか!

野党も。ー

 国の統計を誤魔化すということは、憲法問題より大事なん

ですよ。

 まあ、余り怒っても、しょうがないですけどね。・・・

 

 そして、起こったのが、帝国人絹事件です。     【つづく】

« 私の平野貞夫論(53) | トップページ | 私の平野貞夫論(55) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Links