フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 私の平野貞夫論(44) | トップページ | 私の平野貞夫論(46) »

2020年6月 2日 (火)

私の平野貞夫論(45)

  沖縄基地問題の歴史を学ぶ【9】

 

 次も、平野氏の言葉です。

 

 とにかく、ボクには、元創価学会幹部から、電話が掛かって

くるんですよ。

「沖縄県知事選挙に対する公明党・創価学会(下の写真)の

関わり方は、異常だ!」と、言うんです。

「それこそ、憲法の根幹を壊すものじゃないか!」と。

「内乱予備罪じゃないか」と、言ってるんです(笑)。

私に、敢えて言ってくる人がいるんです。

 

       Photo_20200530215501

              (創価学会 東京牧口記念会館)

 

 要するに、沖縄の人が、自分の意思を発揮できないような現状

でしょう。

 強制・強要しているわけですよ。

 まあ、(その背景に)宗教があるのか、経済的な利権があるのか

分からんけど。

 しかもねー、これは、あくまでも噂ですよ。

 関係者に確認したら、「そうかも知れん」とか言うんです。

凄い話があるんですよ。それは、もう”地獄だ”と思ったね。

 

 何で、創価学会・公明党が、(玉城候補の対立候補への支援で)

しゃかりきになっているかと言うと、自分たちの推薦する知事が

出来たら、”安倍さんは、スッパリ、九条の改正はしない”という

ことを約束していると言うんです。

(これを聴いた婦人たちの言葉、「本当ですか?!」「ウソ、

ばっかし!」。

 そこで、平野氏が、彼女たちに問う、「そんな事、聞いたこと

ない?」と。

 これに対する、婦人たちの返答、「無い、無い、無い」、

「ウソ!」と、)

 

 そこで、平野氏が、話を続ける。

まあ、騙されるということはあるんだけどね。

 だって、人間のやることじゃないでしょ!。

 しかし、ボクの経験から言って、公明党はね、

国会運営でも、普通の常識で、やらんような事を、

交換条件で、やるんですよ。

 

Photo_20200531081601

 いや、現実に、そんな話があるんです。

(それに対する、ある婦人の反応、「酷い!」と)。

 

 そこで、平野氏が、話を続けます。

 だって、あそこの基地問題に拘るということが、九条に反している

わけだからね。

 しかし、自衛隊を追加する話もあるし、「元々、安倍には、憲法を改正

する気は無いんだ」と。

「しかし、沖縄の知事を通すためには、強く言っているんだ」という噂が

流されているんです。

 

 だから、日本の今の政治というのは、人間のやっていることじゃない

わね。

(婦人の一人が、ぽつりと言う。

「公党のトップの合意事項だって、簡単に廃棄するんだから、安倍さんの

口約束なんて、アテにならないですよね」と。)

 

 自公に反対する側から、そんな噂を出しているわけじゃないと思うけど、

そんな話が聞こえてきますよ。

(一人の婦人が言う。「何でもアリなんですね・・・」と。

また、他の女性が言う。「後の始末ができるんでしょうかね?」と。)

 これを問われた平野氏が、言下に答える。

「後のこと? 考えてないわね」(爆笑)。

 だから、憲法改正に、あれだけシャカリキになってて、ホントはしないん

だと、選挙に勝つために。・・・

 というのは、これ、どういうこと?

 しかし、憲法を弄んじゃ駄目よ

 

 すでに、今の憲法を変形させて、ボクは、「忖度・独裁政治」と言っている

けどね。

 第一、官僚が、しっかりしていないからね。ー

 それに、何と言っても、有権者だよね。

 まあ、約1億の有権者数として、4千万ちょっとが、棄権しているん

だからね。自民党を支えているのは、1千5百万ぐらいでしょう。

 だから、2千万ぐらいの人が投票に行けば、いや1千万でもいいですよ。

政権は、保持できないんですよ。

 

 ボクは、沖縄に、日本国憲法が、未だ施行されていないことと同じだと

思うんですよ。

 しかし、そのことは、もっと深刻に考えれば、日本の本土にも、国民主権

とか基本的人権の尊重とかが施行されているかどうか、分かりませんよ。

 特に、ここのところのブザマな政治を見ていますとね。

大体、国会という所は、そういうことを是正する仕事なんだからね。

 

 それを、簡単に許すものだから、大島衆議院議長(下の写真)が、怒った

じゃない。

「安倍政権の不祥事は、日本の民主主義の根幹を揺るがす」と言って。ー

 これは、国家の危機ですよ。

 それについて、与党も野党も、何も言わんでしょう!

こんな国が、一体、世界のどこにありますか!?

 私の話は、以上です(拍手)。

 

    Photo_20200531085401

                                 【了】 

 

 

 

 

            

 

    

 

« 私の平野貞夫論(44) | トップページ | 私の平野貞夫論(46) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Links