フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日の特別篇(6) | トップページ | 今日の特別篇(8) »

2020年6月19日 (金)

今日の特別篇(7)

     コロナウィルスの真実【2】

 

 現代は、まさに、「洗脳の時代」です。

今回のコロナウィルスを、「9.11」と同一視する見方が

あります。

 実に唐突に思われますが、あながち的外れとも思われ

ません。

 つまり、両者共に、巨大組織に因る「謀略」だと言うこと

です。

 ”何か、変だな!”ということで、事の成り行きに疑問を

抱く人々が、日増しに増えて行くことでしょう。

 人間として生まれた以上、神さまから頂いた(あるいは、

預かっている)「理性」を、フルに発揮したいものです。

 そんな、目覚めた人のプチ演説を、次にご紹介いたします。

 

  尚、ブログ「さてはてメモ帳 Imagne & Think」氏が、

たいへん素晴らしい記事を展開しておられます。

 その中にあります、ビィトリオ・スガルビ議員の演説に

関する翻訳と言及を、私は、昨日、拝見しました。

 このスピーチの内容が重複して、誠に恐縮ですが、下に、

記させて頂きます。

 訳文ですので、言葉の意味が分かり難い感がありますが、

そのまま書かせて頂きます。

 より深い内容の理解は、「さてはてメモ帳」氏のブログを

ご覧いただければ、きっと、遙かに増進されることかと存じ

ます。

 

 ビットリオ・スガルビ、イタリア下院議員の

                     訴え【同上】

      (イタリア下院議会でのスピーチ)

 

 私たちは、4月25日の徹夜祭を行っており、独裁に対して団結し、

また、真実において、団結すべきです。

 これを、「嘘の部屋」にしてはなりません。(下の写真は、

 イタリア議会、及びその議会場です。)

 

    Photo_20200616144201

 

    Photo_20200616144401

 

 2月26日ではなく、3月9日です。

ここで思い出される科学が告げているのは、「このウィルスは、

インフルエンザより少し強いくらいだ」ということです。

 この政府に着想を与えた、かの科学です!

そう告げました。そう告げたことには、裏付け資料が有ります!

そう告げました。嘘をつかないでください!

 

 今こそ、真実を述べてください!

ここ(下院会議場)を、「嘘の部屋」にしないで下さい。

 少なくても、ここでは、ジャンバッティスタ・ヴィーコ(下の

写真)の原理、Verum  Ipsum  Factum(真実は、

事実に存在する)が実践されるように。ー 

 

     Photo_20200616151801

 

 お聞きのように、あなた方は、数字を示しました。

私も、数字を示します。

 2万5千人の死者がいると、ここでも言わないで下さい。

それは、真実ではありません。

 空文句とテロのために、死者を利用しないで下さい。

 高等保健研究所のデータは、次のように告げています。

 96.3%は、他の病気で亡くなった、と。

データは、この通りです。

 数字は、このように告げているのです。

これが、真実なのです!

 

 まさに、真実こそが、何よりも重要なので、実際の数字を

示します。

 私たちは、嘘をつくことはできません。

確かに、強烈なデータがあります。

 偽善と嘘に反対する解放において、団結しましょう。

 捏造に対し、イタリア人を怯えさせるために示された、偽の数字に

対し、異を唱えましょう。

バセッテイ教授が述べた、2万5千人の死者というのは、心筋梗塞や

ガン、その他の疾患によるものなのです。

 

 イタリアを侮辱するために、彼らを利用してはなりません!

数字を示して下さい。

 私は、名誉委員会に、数字を見るようお願いします。

 ただ、数字は皆さんに示しますが、虚偽の数字を示さないで下さい、

と述べているのです。

 イタリアでは、コロナウィルスで、2万5千人が、死んだのでは

ありません。

 

 それは、真実ではありません。

これは、イタリア人を怯えさせる手法なのです、そう、”容認された

独裁”を課すために。ー

 これは、馬鹿げています。                   【つづく】         

 

 

 

« 今日の特別篇(6) | トップページ | 今日の特別篇(8) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Links