フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 私の平野貞夫論(41) | トップページ | 私の平野貞夫論(43) »

2020年5月29日 (金)

私の平野貞夫論(42)

  沖縄基地問題の歴史を学ぶ【6】

 

 平野氏の言葉は、続きます。

 

 実は、翁長知事の兄さんは、法政大学(下の写真)で、

私の一年後輩なんです。

 「デートを邪魔する警職法」というキャッチフレーズは、

彼とわれわれが創ったんです。

 結構、学生運動をやってましてね。

私が、彼の指導役でね(笑)。

 それがねー、この年の前かな、亡くなってね。

それでね、新進党の国会議員に出たいという希望があってね。

 それで、小沢さんと、選考に行ったんですよ。

 

    Photo_20200527142001

                  (今日の市ヶ谷キャンパス)

 

 それで、その時に、翁長知事の側近の県会議員4~5名の方と、

辺野古をどういう風にすべきか?という議論をしました。

 その後、2~3回、沖縄を多くの人に知って貰おうと、彼らと

議論をしたんです。

「大体、内地の人は冷たい」とか、「どこも、沖縄の基地を引き

取ってくれない」と言うもんだから、「いや、違うよ。小沢さんを

中心に、努力したことがある」と申しました。

 今年の春に、一回、「話に来てくれ」という話があったぐらい

です。

 

    Photo_20200527143601

 

     Photo_20200527143701

 

 結局、行かなかったですけどね。

 どうやって、辺野古を作らせないようにしようかということで、

翁長知事が、色々苦労されてね。

 それで、何とか、それを実現させるべきだと考えています。

一応、それが、「構想」に関する経緯なんです。

 

  普天間を辺野古に移すという閣議決定は、確か、18、19年前

にあったんじゃないですかな。

 だから、安倍政権は、閣議で、国策として決定して、県も了承

したと理解しているわけです。

 ところが、その後、色んな議論が起こって、実行されていない

でしょう。

 

 実は、麻生内閣の時に、工事に入ろうとしたんです。

しかし、それも、政権交代したから、できなかった。

しかも、民主党が迷走したわけでしょう。

 時間を掛けてもいいから、鳩山さんの方針を貫いとけばいいん

だけど、鳩山さんが辞めたら、民主党政権で、「辺野古」(下の

写真)を決定したわけです。

 ものすごく、混迷しているわけです。

 

    Photo_20200527201101

 

 しかも、その間、辺野古をどうするかということを巡って、

知事選を、事実上、三回ぐらいやっているわけよね。

 それで、翁長さんの前の仲井真知事(下の写真)は、「反対です」

と言って、当選して、ひっくり返したわけよ。

 これは、県民の選挙という意思に反しているわけです。

それも、はっきりと大差で、県民の意思は、”辺野古は駄目だ!”と

いうことで、それで、知事に就任したわけでしょう。

 

   Photo_20200527203201

 

 そこで、私の理論から言えば、何で20年近く、

政府が手を付けないかと言えば、そこには、手を

付けない理由があるんですよね。

 事実、この問題の底には、日本の”官僚政治”という、

それこそ明治時代から続く「行政権」、つまり、”政府が、

絶対的に偉いんだ、強いんだ”という考え方があります。

 

 それで、「政府のやることに文句を言うな!」という

国家運営というか憲法運営というか、この考えを、

憲法の上に置いて、日本の人々の間に、様々な問題を

引き起こしているわけです。

 日本が戦争に負けたのも、この考えのせいだと思います

がね。

 日本は、敗戦で、軍隊は無くなって、自衛隊の形になり

ましたが、官僚は、変わっていないわけです。   【つづく】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

                 

         

 

   

« 私の平野貞夫論(41) | トップページ | 私の平野貞夫論(43) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Links