フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 【読者の皆さんへ】 | トップページ | 私の平野貞夫論(45) »

2020年6月 1日 (月)

私の平野貞夫論(44)

 【お詫び】

  皆さん、お元気ですか? 

 実は、6月3日(水)に発信予定だった記事を、

当方のミスにて、5月末日に発信してしまいました。

 「沖縄基地問題の歴史を学ぶ」が、本日の分を含めて、

後2篇残っております。

 それが、終わり次第、新しい拙稿を、発信する予定です。

どうか、平にご海容くださいませ。

 

 沖縄基地問題の歴史を学ぶ【8】

 

 平野氏の言葉は、続きます。

 

 これは、たまたま私の耳に入った情報ですけどね、

民主党に政権交代する直前に、麻生さんは、辺野古の工事を

本格的にやるように指示したんです。

 その埋め立ての最初の計画は、大規模なものでした。

 

 Photo_20200529195001

 

 でも、石とか石材とか土などが、琉球列島では間に合わない

わけだ。

 それで、内地から、大量の物を持って行かなくてはならない。

これは、もう、ゼネコンや石材業者にとって、たいへんな「利権」

になるわけよね。

 

 当時、私は、すでに引退していたけど、沖縄の私の知人から

電話があって、~ということになったので、高知は、沖縄から、

割合に近いし、また高知には、土とか石とか、山がたくさんある

から、「石材を持って行くことについて、関わってくれ」と言うんです。

 それで、ボクは、「経緯から言って、そういうものには関わらん」

と申しました。

 「しかし、知っている業者の人がいるから、その人に相談しろ」と、

それだけ、言ったんです。

 

 そうするとね、色んな情報が入ってくるんですよ。

まあ、日本人独特のものがね。

 「埋め立て」とか何とか言ったら、たいへんな利権になるからね。

あの頃、色々あったんじゃないですか。

 

  Photo_20200529201201

 

 でも、現時点で、あるいは、3~4年前でもそうだけど、

いわゆる、アーミテージとか、日本の安保マフィアと一緒に

やっている人たちの中でも、「海兵隊は、沖縄でなくても

いいんだ」とか、言ってますよね。

 また、ペリー元国防長官も、はっきり、「海兵隊の在り方を、

全体的に変えなくちゃいかん」とか言ってますよね。

 それで、アメリカが拘っているというのは、ボクは、真実

じゃない、と思うね。

 

 唯、私は、この問題(=沖縄基地問題)の新しい中心は、

トランプ大統領と北朝鮮の金正恩との、北朝鮮、及び朝鮮

半島の非核構想ね、あるいは、その後に出てくる朝鮮戦争の

終結になると思います。

 勿論、どうなるかは分かりません。

 しかし、ボクの直感としては、絶対、(両国共)この問題を

反故にすることはできないと思うんですよ。

 そんなことをしたら、人類に対する、たいへんな裏切りに

なると思いますよ。

 むしろ、相互に妥協し合って、何らかの形で、朝鮮半島の平和

というものを見つけなくっちゃ駄目なんですよね。

 

 しかし、残念ながら、(アメリカに)引き続き参戦するであろう、

わが国の総理大臣は、未だに北朝鮮に、一番敵意を持っている方

ですね。

 はっきり言って、沖縄の基地を移すとかいう次元の話は、根本的

に再検討すべきです。

 要するに、沖縄には、米軍基地は要らないんだ、と。

 また、要らないことが、北東アジアの平和の元になるという

ような考え方が、徐々に出始めています。

 

 ですから、玉城さんは、そういう新しい沖縄の安全と振興

(=発展)というものを創造して行くんではないですか。

 それに、小沢さんが、そういうことをやっていたという

ことは、映像を通して、初めて言うわけどね。

 小沢さんは、昔の事を言われるのを好まなくてね。

私も、これは、自分がやろうと思ってできなかった、一つの

事なんです。

 

 因みに、玉城さんは、歴史の流れを、ちゃんと見つめて

いるんですよ。

 それで、沖縄の人々に、誤った選択をさせないようにと

必死に努めているんだと思うんです。       

 

   Photo_20200529210401

 

   Photo_20200529210501

 

                               【つづく】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 【読者の皆さんへ】 | トップページ | 私の平野貞夫論(45) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Links