フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 水浦征男師の『この人』(15) | トップページ | 水浦征男師の『この人』(16 ) »

2012年11月19日 (月)

本日の痛快ブログ(5)

   このような「冤罪」事件がまかり通る犯罪国家・

日本なんか、もう真っ平御免!


 【皆さんへ】


 お早うございます。 皆さん、お元気でしょうか?

先日、NHKの看板キャスターの一人・森本健成(たけしげ)氏

(*下の写真の人物)が、「車内痴漢容疑」で逮捕されました。

            Photo

         

  この一報に接し、皆さんは、一体、どんな感想や印象を持たれた

でしょうか?

  「ニュース」を、そのまま鵜呑みにされましたか?

  正直、私は、「また、でっち上げ事件(=冤罪)か!」と思いました。

  私は、森本氏を、全面的に信じます。彼が、このよう

な事件を犯す人物は、到底思えません。この事件も、 

全くの”冤罪”だと思います。

  同事件に関しましては、すでに高橋博彦氏始め心あるブロガーが言及し

おられます。

  本日は、この”青天の霹靂”とも言えるでっち上げ事件の“裏事情”

つきまして、ある痛快なブログをご紹介したいと思うのです。


  ところで、Dr.Iguchi (井口和基氏)は、昨年の3.11の「人工地震」を、

前日に予告した物理学者として、皆さまにも、拙ブログでご紹介した方です。

  同氏とは、小沢一郎氏に関する見解だけは異なりますが、その他のこと

に就きましては、おおよそ共感できるものばかりです。

  今回、そのDr.Iguchi が、次のようなブログを掲載して下さいました。

すでにご存知の方も多いかと存じますが、下に、謹んで転載いたします。

  とても個性的な文章ですが、些か過激(?)で、きわめて長い文章です。

しかし、今回の”でっち上げ事件”の真相を深く認識する上でも、非常に

貴重な文章内容です。どうか、じっくりとお読みください(以下、転載)

ひるむなNHK正義派!神様は見ているゾ!:

「東電検証番組への報復行為」か!?

  みなさん、こんにちは。

いやはやすでに「エンザイ」という言葉は英語になっているというほど、

 
世界中に知られている。ちょっと前の植草教授の「手鏡事件」、そして
 
今回のNHKキャスターの「痴漢事件」。

NHKアナ、痴漢容疑で逮捕=「おはよう日本」担当—警視庁

 電車内で女性の体を触ったとして、警視庁玉川署は15日までに、 

強制わいせつ容疑で、NHKのニュース番組「おはよう日本」担当の 

アナウンサー森本健成容疑者(47)=千葉県浦安市日の出=を現 

行犯逮捕した。同署によると、当時酒に酔っており、「触った覚えは 

ない」などと、容疑を否認している。

 逮捕容疑は14日午後7時45〜55分ごろ、東急田園都市線渋谷—
 

二子玉川駅間を走行中の急行内で、都内に住む女子大学生(23) 

の胸を触った疑い。

 同署などによると、森本容疑者は14日正午すぎまで東京・渋谷の
 

NHK本部で番組の打ち合わせをした後、同僚数人と酒を飲んで帰 

宅する途中だった。 

 被害に遭った女性がその場で取り押さえ、二子玉川駅員に引き 

渡したという。

        こういったものもエンザイ(えん罪)のにおいがぷんぷんする。


          さて、警視庁という組織は、自分だけかっこ良くしようと思って、

 
      普通なら「都警察」とでも呼ぶべきところを「警視庁」などと呼んでいる
 
   わけだ。本来なら、「警察庁」が「警視庁」という名を持つべきであって、
 
       「警視庁」は「東京都警察」で十分なのだ。

          そんなところからも連中の高慢度が分かるというものである。

          さて、警視庁の警察官はよほど暇なのか、痴漢を取り締まるばか

   りで一向に
在日特ア人の犯罪を取り締まらない。


           だいたい「18歳未満の女性」との淫行に対して、「青少年育成条

 
       例」を成立させるのがもっとも遅かったのが、東京都であった。
 
     その理由は、単に売春組織からのお願いであったという。
 
   連中、在日が作る「Vパラダイス」のC級映画でも、警官がソープランド
 
   でお世話になっているというような場面は頻繁にある。


           そんな場所の警察が、胸触ったくらいでとやかく言う筋合いはない。

 
   服の中に手を入れたというのならともかく、満員電車や揺れる電車バ
 
   スの中で、とっさの反応としてだれかを触って自分が倒れるのを防ぐ
 
       というのは自然な反射である。その場合に、運悪く前の女性の胸に
 
       触れてしまうということだってありえる。


           大昔に、何かの過ちを犯した女性に石をぶつけている人々に、

 
   イエスキリストが、”あなた方も自分の胸に手をあてて考えてみなさい。
 
   だれもが罪を犯している。だれもその女性に石をぶつけることはでき
 
   ないはずだ”というようなことを言ったという話がある。


         服の上からはずみで触ったような行為にいちいち目くじらを立てる、

 
   状況を考えもせずに大騒ぎする、そんな日本女性はいない。
 
    昔から日本女性はそういうことには大らかである。いまもそうである。
 
   たまたま起こったことに大騒ぎする方が恥ずかしいのである。


         ところが、例えば、電車の中で女性のパンツに手を入れる、見えない

 
   場所でセックスする、服の下から手を入れるというような過激なことを
 
   するのが、在日の犯罪組織である。

    連中は警視庁から無罪放免になる
ことを知っていてやっているわけ

 
   だ。悪質な痴漢行為、変態行為、女性の敵とは、こういう連中のこと
 
   である。

 
    こういう連中を野放しにしておいて、年にそうない機会の仲間内の
 
   宴会で酒飲んでいい気持ちになって電車に乗り、たまたま人の胸を
 
   触ったと言われ、騒動に巻き込まれる。これぞえん罪である。

     酔った人がたまたま自分の胸の上に手を置いたとしても日本人

 
   なら目くじらは立てない。すみませんと言えば、お互い様ですぐ終わ
 
   るからである。


     こういう常識からして、このような有名人の痴漢逮捕事件には、さ

 
   れたという側、そしてその近くにいて逮捕に協力した人間、そしてそい
 
   つらの回りで都合良く事件のそばにいた警官、こういう連中が全部グ
 
   ルだったという可能性が一番高い。
 
     要するに「マッチポンプえん罪」なのである。


    ちょっと前の大阪の痴漢事件では、「美人局の電車版」であった。

 
   捕まえる男が痴漢されたと騒ぐ女性の男で、因縁つけるための事件
 
   だったのである。

       まあ、いずれにしても、こういうものは朝鮮人の手口である。

        今回はどうやら
NHKが原発問題を実に公正に検証す

 
  るという番組公開した ことが直接の原因だと考えるのが
 
       理に適っているようである。

      その検証番組に今回逮捕された森本キャスターが入っていたとい

    うのである。 

       そこで結構東電に厳しいことを主張したらしい。それはそうだろう。
 
        理大出身者だから物理は必須科目である。理科大はどの学部学
 
        科でも1年時には物理実験は必修科目である。 

           私も理科大出身者で
ある。よく知っている。

         さて、そんな状況を見事に語るものを見つけたので、ここにもメモ

 
    しておこう。

       つむじ風氏のところにある以下のものである。これは長いので、

 
   詳細はつむじ風氏のものを見てもらうとして、この検証番組の司会を
 
   していたのが、森本キャスターだったようである。

NHK森本健成アナ痴漢逮捕に冤罪?! -関連情報-

【動画&スクリプト】NHKスペシャル 原発事故調 最終報告 〜解明された謎

 残された課題〜
 

 原発事故調 最終報告

~解明された謎 残された課題~

森本健成 (NHKアナウンサー)

こんばんは。

 1年4カ月がたって、今もなお16万人を超える人たちが、避難生
 

活を続けています。

事故はなぜ起きたのか、

食い止めることはできなかったのか、

わたしたちは多くの疑問を持ち続けています。

 こちら、まんなかにあるのが、きのう発表された政府の事故調査
 

検証委員会の報告書です。

 448ページにわたる報告書では、いったいどんな謎が解明されて、

どんな課題が残されているのでしょうか?

森本健成 (NHKアナウンサー)

  では、政府事故調の報告から、事故を起こした福島原発で、いっ
 

たいが何があったのか、まずみていきます。

【メルトダウンと爆発 防げなかった元凶とは】


森本健成 (NHKアナウンサー)

  うーん、こうしてみると、なぜ、現場で働く、その、原発に詳しい人
 

が…という疑問を持たれた方も多いと思います。

  テレビの前では、再稼働の問題は、どうすればいいんだろうか?

あるいは、原発の将来は、どうあるべきなのか?

   いろいろな疑問を持ちながら、見てらっしゃる方、多いと思いま
 

す。

そうした疑問にも、調査を続けてきたみなさん、いったい、どんな考
 

えを持っているのか、後ほど、聞いていきたいと思います。 

   まず、政府の事故調の委員長、畑村さん、

一年あまりの、この調査、続けてこられてきて、今、まず何を感じて
 

いらっしゃいますか?

森本健成 (NHKアナウンサー)

  はい、そして、同じく、委員の柳田邦夫さん。

その、原子炉、1号機、2号機、3号機、3つの原子炉を調査してみて

わかったことっていうのは、どんなことですか?

森本健成 (NHKアナウンサー)

はい。

さて、事故の分析に関しては、国会の事故調、それから民間の事故

調でも報告されています。

えー、それぞれの特徴を、まず、国会事故調の黒川清さんに聞きま

 す。

森本健成 (NHKアナウンサー)

そして、民間事故調の報告の特徴を、北澤宏一さんに聞きます。

森本健成 (NHKアナウンサー)

この、燃料として残されている核燃料と、その、使用済み核燃料と
 

の、量っていうのは、どうなんですか?

森本健成 (NHKアナウンサー)

うーん、畑村さん、こうした、その、事故の分析から、改めて本当に
 

わかることっていうのは、どういうことなのでしょうか?

森本健成 (NHKアナウンサー)

みんなが共有していない?

森本健成 (NHKアナウンサー)

  うーん、避難しているみなさんの苦しみというのは、今も続いてい
  

ますし、さらには、いつまで続くか、これ、わかりませんよね。

   アンケート調査を行った国会事故調の黒川さん、

みなさんの切実な声から、どんなことが明らかになってきたんでしょ
 

うか?

森本健成 (NHKアナウンサー)

実際に?

森本健成 (NHKアナウンサー)

そこが、やはり、アンケートから見えてきた、避難の問題というところ

なんでしょうか?

森本健成 (NHKアナウンサー)、

まさに最初でみてきたような、VTRでみてきたようなことですね。

森本健成 (NHKアナウンサー)

ああ。・・・・

森本健成 (NHKアナウンサー)

畑村さん、何か補足はありますか?

森本健成 (NHKアナウンサー)

はい。

まず、事故の分析をみてきましたが、

続いてみていくのは、住民避難の問題です。

これも大きな問題としてクローズアップされました。

  なぜ、避難は混乱したのでしょうか?

報告書は問題の根源に迫っています。


【避難混乱と被ばく 根本原因とは?】


森本健成 (NHKアナウンサー)

わかりました。

ま、ここまで、事故の分析、それから避難の問題と、みてきたんです

が、わたくし、こう、一番強く、感じるのは・・・。

事故が起こる以前に、なぜ、こう十分な対策がなかったのか、という

ことです。

報告書は、この問題に関して、鋭く切り込んでいます。


森本健成 (NHKアナウンサー)

   
安全、安全と言っていたこの裏で、こんなことが行われていたの

かと、こう、怒りを覚えた方も多いと思うんですが。

あの、民間事故調の報告書でも、北澤さん、この規制の在り方につ

 いては、ふれていますよね、問題視していますが。・・・・

森本健成 (NHKアナウンサー)

空気を読むって、ふつうは、いいことに使いますけれども、


そこがいけないわけですね。


森本健成 (NHKアナウンサー)

まあ、当然、非常に根深い問題ですが、


このままでいいわけはありませんよね。

とすると、いったい、どうすればいいのかっていうの、

ぜひ、みなさんから、お聞きしたいんですが。

森本健成 (NHKアナウンサー)

柳田さん、規制する側とされる側っていうのは、どうあるべきなんで

 しょうか?

森本健成 (NHKアナウンサー)

原子力の分野でも作り上げていかなきゃならない。

森本健成 (NHKアナウンサー)

はい。

では、調査を続けてきて、いったい、今後にどんな課題が残されて

 いるのか、というのをお聞きしたいんですけれども、 北澤さん。

森本健成 (NHKアナウンサー)


【情報の伝え方】


森本健成 (NHKアナウンサー)

平時から、ということですね。

森本健成 (NHKアナウンサー)

次の機関っていうのは?

森本健成 (NHKアナウンサー)

はい、みなさん、今夜はどうもありがとうございました。

今もありましたように、報告書が出ても、そこで示された多くの教訓

 や提言、実行に移さなければ、意味がありません。

政府や電力会社には真摯(しんし)な対応が求められています。


そして、いまだに残る多くの課題や疑問。ー

これを解決するための調査を、さらに続けていかなければならな

い。報告書は、強く求めています。

          NHKの”仕事”として福島第一原発の検証番組をたまたま担当し
 
   たら、逆恨みされて「乳もみえん罪」にされては困るナア。

    それほど関東一円に住む
人々にとってはすばらしい検証番組だっ

 
       たわけだ。

         それをこうやって即日に「えん罪事件」を仕込むとなれば、むしろ

 
   逆効果だったな。明らかに在日の仕業である。それも日本の上層部
 
   に仕込まれた工作員の在日の仕業である。警視庁の中の「朝鮮進
 
   駐軍」
   というような組織がいるということである。実際、この周りの連中の
 
   目つきと日本人を見下すような雰囲気はまさに朝鮮進駐軍

朝鮮進駐軍  

拡散希望:「朝鮮進駐軍の非道を忘れるな」  

朝鮮進駐軍の非道を忘れるな 1  

朝鮮進駐軍の非道を忘れるな 2

        に瓜二つ。

      

      ついでにもっと怪しい話をしてやろうか。 実は福島第一原発の地下

 
  には関東一円を通る地下水脈があると言われている。一時、メルトダ
 
  ウンした核燃料が地下数百メートルの地下水源とそこのメタンハイド
 
  レードにたどり着き、それが爆発したのではないかという説がノルウェ
 
    ーの科学者が唱えたことがあった。
 
     このように、地下水脈に放射性物質が入り込めば、たちまちのうちに
 
  関東一円の地下から放射能が湧き出て来るわけだヨ。これがいかに
 
  恐ろしいかわかるか?


   だからこそ、こういった公正な検証番組は価値があるわけだが、自分

 
  たちから、そういう番組を「作るな」というNHKへの警告として脅すという
 
  のであれば、もはや救いようがない。俺は知らねえーゾというわけだ。
 
   東大出身の馬鹿物理学者たちの御用学者意見に従えばいいわけだ。


        まあ、そんなわけで、物事の時間的流れ、文脈から判断すると、

 
   あきらかに「NHKが東電福島第一原発検証番組をし
 
  たことへの報復行為」だったと結論できるのである。
 
    悪辣非道とは、こういうものをいう。

 

    この後に及んで、まだこんなことをやっている。またその手下として
 
  無批判に手を貸す警視庁も警視庁である。

    てめえの一生がかかっている問題をえん罪で吹き飛ばせるものか!

      この、馬鹿者めが! 放射能で吹き飛ぶのは関東一円なんだヨ。

      へい、ジョセフ・ナイ博士、ドナルド・カーティス博士、いい加減にしろ。

 
   ヘイ、ジャパンハンドラー、お前らもいい加減にしろ。正しいことをやっ
 
   ている日本人を逮捕し、邪悪なことをやっている在日や売国奴を援助
 
   してどうする!


      こういう連中を野放しにしていれば、いずれアメリカにも害が及ぶの

 
  は目に見えている。サムソンを見ろ! 平気でアップルに戦争を仕掛け
 
  ている。

       終戦直後、朝鮮進駐軍は米兵MPも多数射殺したという。かならず

 
  しっぺ返しが来るはずである。


       もうちょっと日本やアジアの歴史を学べ。どこに真実や正義や美が

 
  あるか。

     
それはすべて我が国日本にある。
しっかりしろヤ。

       おっといけねー、どうでもいいことを書いちまったヨ。

    まあ、おれの妄想だから、「信じる信じないはあなた次第です」ゾ!

       いずれにしても、NHKの美人キャスターに取り囲まれているNHKの

 
  キャスターが電車の中のだれともわからない女の胸を触る理由がない。
 
  NHK美人キャスターとちちくりあえばいいわけだヨ(*以上、転載、
 
 終了)

 

  文章表現に多少の難はありますが、その中から得られる”真実
 
 たとえ、それが、「仮説」というものであれ)という宝物は、たいへん貴重
 
と思います。
 
 このような「冤罪」事件がまかり通る犯罪国家・日本な
 
ど、もう真っ平御免です。
  もはや、これ以上、良心的な人物が、”犯罪者”たちに
よって、貶しめられるべきではありません。
 
 とりわけ、正義感に満ちた森本氏は、植草氏同様、
 
名誉を回復され、正当に復権されるべきだと思うの
です。 【了】 

 

   

 

 

 

 

 

« 水浦征男師の『この人』(15) | トップページ | 水浦征男師の『この人』(16 ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Links