フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 水浦征男師の『この人』(17 ) | トップページ | 水浦征男師の『この人』(18) »

2012年11月23日 (金)

本日の痛快ブログ(6)

【皆さんへ】

    皆さん、お早うございます。 お元気でしょうか?

  今、衆院選、たけなわです。

ただ、自民党の安倍総裁が、「集団自衛権」や「憲法改正」を公約に掲げ

たり、日本維新の会の石原代表が「日本の核兵器保有の可能性につ

て研究すべきだ」などと、不況にあえぐ国民や、被災地で、まだ仮設住

で生活しておられる20万人以上の方々の心をかき乱すような言辞が勇ま

しく語られています。


  安倍氏や石原氏は、選挙の風が自分の陣営に有利に流れていると

踏んでの強気の発言でしょうが、そこには、まるで、日本が無理やり

中国との戦争に突入させられるような不穏な動きさえ感じられます。

まさに、時代は“戦争前夜”です。


  しかし、じっと目を閉じて、今までの日本が受けた事を考えますと、

日本は、「アメリカ帝国」から、数々の”戦争行為”を仕掛けられてきたと

思います。

  日本は、アメリカの同盟国であるにも拘わらず、彼らにとって日本は、

”搾取”の対象でしかない「属国」(あるいは、属州)に過ぎません。

  まさに、日本は、深い意味での“戦争状態”にあると思うのです。

つまり、どこに対してかと言えば、それは、「アメリカ帝国」に対してです。


  正直、今日は、拙ブログを休むつもりでおりました。

でも、Dr. Iguchi (井口和基氏)がまた、非常に有益な内容のブログを

更新なさいましたので、皆さまにも、是非、お伝えいたしたく、謹んで

転載させて頂きます。 (それは、以下の通りです。)

                                                                  2012年 11月 22日

「東海大地震の危機」を予想する人々:それはあの

カードにあった!?

みなさん、こんにちは。


  私は最近「アダムスキー型円盤」で有名なジョージ・アダムスキーの
本を読んでいるが、実に興味深い。しかしこの話はまたいつかにして
おいて、今回はこれまた実に眉唾もの、トンデモナイ、怪しい代物をメモ
しておこう。

  今回は妄想の類いだから、良い子の皆様や普通の人々はスルーパスを。

––––––––––––––

  まず、東海地震がいつ来るか、という米シオニストNWOによって引き起
こされると目されている巨大地震を警告する人々がいる。以下のもので
ある。それぞれ一部のみ拝借引用しておこう。本文はそちらを見て欲しい。

2012年11月22 東海大地震の危機とは

 “国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」”2012年11月15

『野田解散の背景』

 なぜ、野田が本当に解散に踏み切るかを予測できていたかと

いえば、それは、東海大地震と関係がある。

 株の売買高を見ると、9月26日以降、急激にふくらみ、空売りが

激増していた。ということは、ある勢力の人たちは半年以内に、大き

くJR東海の株価が下がる、つまり東海大地震が起こり、

株価が大幅に下がるだろうと予測している人たち

がいるということである。

 詳しくは、ほかの株価なども見ればわかるが明らかに、東海地方

大震災が半年以内に起こることを前提とした奇妙な動きがある。

 ということは、このメルマガでもあつかってきたが、地震は人為的

にも引き起こせることから、ある勢力は、そうすることを決めていると

思われる。となると来年の3月末までにその大地震が起こるとする

と、米・イ○ラ○ルは今のうちに政権交代をさせておかないといけな

い。

なぜかというと、いざ大地震がおきたら、もう衆議院解散などできな

いからである。

 そして、その大地震がおきたときに、陣頭指揮を執るのは政治的

には政権をもっている政党である。テレビの露出度が高くなるため、

人気が出る可能性がある。

 であるから、地震を引き起こす軍事力をもつ国は、野田に「解散し

ろ」と強く命令するだろう。

 だから今回は、本当に野田は解散をするのだ。


 『国際情報の分析と予測』2012年11月14日付「TPPとオスプレイ:

犯罪国家米国と犯罪組織国際金融資本に大東亜共栄圏はどのよう

な罰を与えるべきか?」

 米国政府はTPP加盟強要・軽自動車規格廃止・米国製自動車輸

入枠設定・簡保などの問題で日本側に理不尽な要求を突きつけ

る。

 特にTPPは日本の国家主権を米国に譲渡するに相応しく、もし日

本がTPPに加入したらISD条項によって日本の国民皆保険や鉄道

輸送などの制度・システムは崩壊させられるだろう。多くの政治家が

反対の声を上げている。

  しかし、野田首相・橋下大阪市長らはTPP賛成の意思を表明し

ている。

彼らはなぜこのような愚かな行動を取るのだろうか?

 その答えは簡単である。
国際金融資本及び米国の国際

金融資本系の有力者が、「TPPに加入しないと地

震兵器などで日本人を大勢殺すぞ」と脅迫してい

のだと思われる。

  寄生先の米国が破綻状態なので新たに日本に寄生することを狙

っているのだ。もし日本人がNOと言えば、東日本大震災・阪神大震

災・日航123便事(地下鉄サリン事件も?)・SARS・HIV(ともに有

色人種の人口を減らすための生物兵器)などの卑劣なテロを彼らが

起こすことは目に見えている。

 しかし、日本の首相らがTPP賛成の意思を表明している限り、国

際金融資本は自らのシンパを攻撃することはないので日本は安全

である。

 いかがだろうか。妄想と一笑に伏していいものかどうか…。

 私は3・11の東日本大震災は、地震兵器による

ものと思っている。直接にはアメリカが、その背後

ではユダ金が諮ったものであろう。


 同じ「国際情勢の分析と予測」のコメント欄に主宰者氏が以下の

ように追加で、したためておられる。

 
「911って日本を狙ったものではないですか?」との質問に、

 「何度もこのブログで述べてきましたが、


 1995/01/17 05:46 (阪神大震災)

 2001/09/11 08
:46 (アメリカ同時多発テロ)

 2011/03/11 14
:46 (東日本大震災)

 西暦の奇数年、月日が奇数と11と0、時間が3で割って2余る数、

分が
46という奇妙な共通点があります。偶然このようなことが起き

るのは一万分の一以下の確率です。
恐らく同一犯行グループ

(国際金融資本・イスラエル連合)による犯行声明だと私は考えて

います。」


 「なぜ国際金融資本がこれほどまでに全世界でテロ活動を繰り返

しているのか? それは、彼らの存立基盤である米国経済が傾いて

いるからに他ならない。恐らく米国政府の心ある人は、日本やドイツ

やロシアや中国や北朝鮮などの反国際金融資本勢力と組んで、

自国を一度崩壊させることで自国に寄生した国際金融資本を根絶

することを狙っているのだと私は想像している。

  そして、その暁には国際金融資本の悪行が世界に公表され、彼ら

は全員が処刑されることだろう。それを恐れているからこそ彼らは

今全世界でテロ活動を繰り返して脅迫を続けているのだと思われ

る。」(2011年11月28日付)

 「国際情報の分析と予測」氏は、
日本は国際金融資本への抵抗の

旗頭であるからこそ、彼らからの攻撃を受ける、というわけなのだろ

う。

 もしユダ金が崩壊するなら誠に願わしいことではあるが…。

 とはいえ、日本が地震兵器で狙われる危機が去ったわけではな

い。

     こんな怪しい予測をしている人たちがいる。

さて、そこで、私はもう1つのまったく別の側面からくる怪しい話を取り上

げる。以下のものである。これも本文はそちらを読んでもらうとして、

一部のみ。

2012年05月29日23:44
イルミナティカードの解読に成功か?
 

※福島原発事故の予言カード

 上記の2枚のカードは、昨年3月11日に津波の被害によって破壊さ

れた福島原発事故の状態を予言したイルミナティカードです。

 今回の手紙の内容によると、この2つのカードの中にも「日付の暗

号」が隠されているようです。

わかりましたか?

※逆さまにすると「311」が出て来る(赤い線)

というわけである。つまり、東日本大震災を黙示していたイルミナティー

カードの背景のどこかに”それとなく”その日付が告知されていたという

ものである。これをもって、イルミナティーカードを解読したというわけで

ある。

  さて、そこでこのアイデアを私が別のものに応用してみよう。そうした

ら「何が出るかな、何が出るかな?」というところである。

以下のものである。
これは「関東大震災」を黙示していると噂されているイルミナティーカード

である。銀座の和光堂

「震災と原発事故はイルミナティ・カードに予言されていた?」:もし

東日本の人々が知っておれば?


DSCF3349_銀座和光堂の時報19時

 

が倒れる姿だと考えられている。

はたしてこの図の中に”それとなく日付が暗示されている部分”なんて

あるのだろうか?ということである。そこで、いろいろと図を逆さまにし

たり背景のエッジの形を調べてみたりしたが、よくわからなかった。

 万策尽き、この図ではどこにも日付など出て来ないと思って最後の

手段として、私がいつもNASAの惑星画像は隠蔽工作するための捏造

トリックが使われている。それを見破るには、ネガポジを取れば良いと

言って来たように、今回もこの「ネガポジ作戦」でいってみると、なんと

そこにはくっきりと日付が浮かび上がったのである。

それも堂々と大きな数字が。以下のものである。

ネガポジ

まあ、なんでもこじつけのように見えるかもしれないが、確かに「111」
の数字が見えるのである。

そこで、来年の2013年と合わせてみると、なんと

2013年1月11日

という悪魔の数字が出て来るではありませんか?

いやー、驚いた。

そこで、最初の記事の話と合わせると、こんな感じになるだろう。

何度もこのブログで述べてきましたが、

1995/01/17 05:46 (阪神大震災)

2001/09/11 08:46 (アメリカ同時多発テロ)

2011/03/11 14:46 (東日本大震災)


2013/01/11 14:55 (新関東大震災)

 西暦の奇数年、月日が奇数と11と0、時間が3で割って2余る数、

分が46という奇妙な共通点があります。偶然このようなことが起きる

のは、先述したように、一万分の一以下の確率です。恐らく同一犯

行グループ(国際金融資本・イスラエル連合)による犯行声明だと私

は考えています。

      ちなみに時刻については、和光堂の時計の「11時10分」か
 「14時55分」の2つの可能性があるらしいが、私は後者を取って
    おいた(*以上、転載終了)



 まことにおどろおどろしい世界です。しかし、私たちは、この峻厳なる
 
現実を、深く認識しなければならないと思います。

  昨日、11月22日は、ケネディ大統領が暗殺されて49年目でした。

 
また、この日は、私の父が瞑目して、ちょうど13年目にあたります。

   拙著『J・F・ケネディ  vs  二つの操り人形 小泉純一郎と中曽根康弘』
 
の中で、私は、自らの「改宗」について言及しています。

  正直、若き日の私は、熱心な日蓮宗徒(身延系)でした。

 
しかし、その私がカトリックに改宗いたしました。私自身、日蓮宗を何一つ
 
イヤダと思ったことはありませんでした。
 
  ”何故、自分は改宗したのか?”と長い間、煩悶しましたが、後年、
 
やっと、或ることに思い至りました。

  それは
”悪魔(の存在)を実感するためというものでした。

 
悪魔の存在を知るということは、同時に”神の存在”を実感することでも
 
あります。

  欧米文明や、その〝裏面”も、ある程度「キリスト教」を知らなければ、

なかなか掴めません。

  端的に申し上げて、私は、「国際金融資本」は、
目に見える
”悪魔”
だと思っています。



  正直、私は、キリスト教に親しみ、入信できたことによって、神や悪魔

 
の存在を実感できました。

  この世には、悪魔もいますが、究極的に、この世を支配しているのは、

 
“神”なのだと思うのです。
 
  私は、神こそは、真・善・美、正義、それに”愛”なのだと実感いたします。
 
  【つづく】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 水浦征男師の『この人』(17 ) | トップページ | 水浦征男師の『この人』(18) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Links