フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« エッセイ「心のままに」(5) | トップページ | エッセイ「心のままに」(7 ) »

2012年7月26日 (木)

エッセイ「心のままに」(6 )

 

  人生の「時」


  「いま やらねば いつ できる

 
    わしが  やらねば たれがやる」 という言葉がある。

  平櫛田中(ひらくし でんちゅう:1872~1979:日本

有数の彫刻家・*写真の人物)の名言だ。

  誰にとっても、必ず、そんな時がある。


 まさに「時は、

今」なのPhoto_2である。

  確かに、いつ

でもできること

はあろう。

 しかし、今しか

できないことも

ある。

  誰にだってでき

ることもあろう。


 でも、時には、

”自分にしか

できない”という

気概も必要だ。

  決して、自惚れるわけではない。

むしろ、それは、己の仕事に対する最低限の矜持な

のだ。

  このような気概と純な誇りこそ、現代のわれわれに

求められるように思う。

人生の「時」を見出す眼力と、そのためのセンスが欲しい。



  人生、いつも「真剣勝負」


  本物の真剣で戦うわけではないけれど、人生、

いつも「真剣勝負」。(*写真は、「真剣の舞」)

 Photo_3
 あなたは、自分

の全てを賭けて、

人(=異性)を愛

したことがありま

すか?

 それが、どんな

に無茶なことだと

分かっていても、

人間、時には、

狂うもの。


  人に狂い、物に狂い、金に狂い、時には、ゲームや

ギャンブル、宗教

だって狂うもの。Photo_4

                 
  その人の狂気

の果てに、あな

たには、彼や彼

女の”純なるも

の”が見えませ

んか?


  彼は彼なりに、

彼女は彼女なり

に、至って本気、

真剣なんです。

 でも、できれば単なる”狂気”で終わらず、あくまで、

「真剣勝負」で生きて行こう。

  そこでは何より誠実、かつ真摯に生き抜く姿勢が

大事だよ。

そうであってこその、人生、いつも「真剣勝負」なんだよ。



   人生を諦めること勿れ!


  たとえ職にあぶれようと、お金に困ろうと、

決して、己(おの)が人生を諦めること勿れ!

  Photo_5人生、雨や

雪の日もあろ

うけれど、きっ

と晴れる日も

あるよ。

  様々な「天候」

があってこその

人生。

 苦楽あって

こその人生だよ。


  どんなに他者(ヒト)が君に冷たくしようと、

たとえ彼らが君を裏切ろうと、

君の「人生」は、決して君を裏切らないよ。


  君は、もっと君自身と君の人生を信頼すべき

ではないのかな。

そして、心の中で叫ぼう「友よ、人生を諦めること

勿れ!」 と。  【つづく】

           Photo_6

« エッセイ「心のままに」(5) | トップページ | エッセイ「心のままに」(7 ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Links