フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« エコノミック・ヒットマン(5) | トップページ | エコノミック・ヒットマン( 完 ) »

2012年6月 4日 (月)

エコノミック・ヒットマン(6)

 パーキンスの話は、続きます。

 

                                                     ベネズエラ  2002

Photo
 

  ある意味では、このようなシステム

が大した変化もなく、長年、存続し続け

たことは興味深いことです。

  エコノミック・ヒットマンの能力は、

この間、どんどん上がり続けましたがね。

 ごく最近では、1998年、ベネズエラで、

ウーゴ・チャベスが大統領選に勝利し

ました。

 長期間にわたる、幾つもの腐敗政権Photo_21

のために、国内経済は崩壊状態に追

い込まれていました。

 そんな中で、大統領に就任したの

が、チャベスだったのです。


  チャベスは、アメリカに立ち向かい、

言い放ちました。

「ベネズエラの原油は、ベネズエラの

国民のために使う」と。

 アメリカは、それを嫌いました。

  そして、2002年、クーデターが起こり

ました。このクーデターは、CIAが

引き起こしたものであることを、私や私

の周りの殆どの人は、疑いを持っていません。



  このクーデターの起こし方は、カーミット・ルーズベルトが

イランで行ったやり方と同じものです。

  民衆を、お金で買収して、デモ行進をさせ、暴動を起こさせます。

チャベスに対する反対運動を、「チャベスが、とても不人気だ」と思わせ

るようなことを言わせながら、起こすのです。

  2~3千人の人を、テレビの前に集めれば、国中が反対していると思わ

せることが可能Photo_19です。そして、そこから

は、マッシュルームのように、増加して

いくのです。

  しかし、チャベスは頭が良く、民衆の

支持も、とても強固であったため、

これを乗りきることに成功しました。

  そして、それは、ラテン・アメリカの歴

史にとって、驚異的な出来事だった

のです(*写真は、ベネズエラの大 

                                           統領府)





      
          
               イラク  2003

  イラクは、このシステムが、どのように機能するかを説明するためには、

最もよい事例です。

  最初に、私のようなエコノミック・ヒットマンがPhoto_22

先陣として、政府を買収す
るために

り込まれ、巨大な負債を負わせ、これ

をレベレッジにして、国全体を乗っ取る計画

実行します。



    第一段階  エコノミック・ヒットマン


  しかい、私たちが、パナマのオマール・トリ

ホスやエクアドルのハイメ・ロルドスのケー

スで失敗したように、買収に失敗すれば、

次のステップとして、ジャッカルが送り込ま

れます。


    第二段階  ジャッカルズ(殺し屋たち)


  ジャッカルは、政権を転覆させるか暗殺を実行し、新政権を打ち立て

ます。新政権は、刃向かえば、何が起こるか知っているので、政策は、

すべて変更されるのです。


  イラクの場合、このステップで失敗してしまいました。

エコノミック・ヒットマンは、サダム・フセインを買収することができなかっ

たのです。

  私たちは、何かとフセインを買収しようと、あらゆる手を尽くしました。

サウジアラビアの王家が受け入れたディール(取引、あるいは処遇)と、

同じようなディールを持ち掛けましたが、フセインは、拒否しました。

  すると、次にジャッカルが送り込まれました。しかし、フセインの警備

隊は、とても優秀で、暗殺も失敗に終わりました。

  Photo_2
  何と言っても、フセインは以前は、CIAの

エージェントでしたからね。

彼は、前イラク大統領暗殺のために雇われ

ていたのです。それ自体は、失敗しましたが。

  だから、彼は、私たちのやり方を熟知して

いたのです。

それで、1991年、アメリカは軍隊を送り込み

ました。そして、イラク軍を破壊しました。

  この時点で、私たちは、フセインが、擦り寄って

くると考えていました。  【つづく】

 

 

 

 

 

 

« エコノミック・ヒットマン(5) | トップページ | エコノミック・ヒットマン( 完 ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Links