フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 腐敗した銀行制度(2) | トップページ | Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(27) »

2012年6月 9日 (土)

腐敗した銀行制度(完)

 ビクトリア嬢の話は、続きます。

 

    銀行制度は、どのように機能すべきか?

 

  銀行制度は、どのように機能すべきでしょうか?

 

  歴史に名高いインタビューで、マックギア氏は、タワーズ氏(元カナダ

中央銀行総裁)に尋ねました。 

 「なぜ、政府は、お金を創造する権力を民間に手渡し、独占させ、

政府は、お金を創造できるのに、民間から、利息付きで借金をして、

国を倒産寸前まで追い込んだのですか?」と。

 

   タワーズ氏は、答えました。 

 「もし、議会が、銀行制度の運営形態の変更を望むのであれば、それは、

明らかに政府の権限内で可能なことです」と。


  言い換えれば、もしカナダ政府が、国民のために、お金を必要とするの

であれば、彼らは直接、カナダ中央銀行から借りることができるのです。

 

  それから、市民は、公平な税金を、カナダ中央銀行に返金するのです。

 

   この税金のお金は、私たちの経済インフラへの投入として戻され、最終的

には、借金は無くなります。 

  経済構造が、借金によるお金ではなく、本物のお金が基本になるので、

カナダ国民は、再び繁栄するでしょう。



  ロイヤル銀行のような民間銀行によって所有Photo_11

されている借金について
ですが、私た

ちが、カナダ中央銀行に借金分のお金

を印刷させて、彼らに渡します。

 

  その後、カナダ中央銀行の借金を返

済するのです。そうです。私たちには、

法的権利として、そうすることができる

のです。 

(*写真は、カナダ・ロイヤル銀行本社

ビル)



        結論


  結論として、私たちは、銀行制度と共謀した政府によって、横領され、

略奪され続けていることは、12歳のカナダ人の私にとってさえ、痛ましい

ほど明らかなことです。

  この犯罪を止めるために、私たちは、何をすべきでしょうか?

次の世代が、銀行家により奴隷にされる借金ベースの経済から、自由で

解放されるために、一体何をすべきでしょうか?

  マーガレット ミード(Margaret  Mead、1901~1978:著名な文化人類

学者)の言葉を引用します。

皆さん、これを思い出してほしいいのです。彼女は、言います。

 「小さなグループの人々が、世界を変えることができるということを、

決して疑わないで下さい。実際に、今まで、常にそうだったのです」と。

  有難う。

(*大きな拍手が、湧き起こる。)                   【了】

« 腐敗した銀行制度(2) | トップページ | Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(27) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Links