フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« Trive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(15) | トップページ | Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(17 ) »

2012年5月12日 (土)

Trive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(16 )

 ヴァンダナ・シヴァ女史(Vandana   Shiva  Ph.D:インドの哲学者、環

活動家)は、言います。

 

  ≪工業化された科学農業をもたらした巨大企業は、食品供給過程を

統合する三つの手段を編み出しました。 

  一つは、支配の手段としての「遺伝子組み換え」です。 

もう一つは、支配の手段として、タネ(種)、そして「生命」を特許化し、

”タネ(種)は、私有財産である”と宣言し、農家によるタネ(種)の保存

を、「知的財産に対する窃盗」として犯罪扱いすることです。 

  三つ目は、普通の人々、農家、生産者から、タネ(種)を保存する自

を奪う、いわゆる「自由貿易条約」です。

 

  一握りの企業に、さらに依存させるために、タネ(種)のできないタネ

作り出すターミネーター・テクノロジーは、この最終段階です。 

  人間は、歴史上初めて”タネ(種)による新たな植民地化”を行って

るのです。 

  これは”将来に対する植民地化”です≫と。


   ここで、ある言葉が挿入されます。それは、次のようなものです。

 

  Who  controls  the  food  supply  controls  the  people; 

   who  controls  the  energy  can  control  Photo_2

whole  continents;
 

    who  control  the  money  can 

control  the  world.

  食糧供給を支配する者は、人々を

制す。 

   エネルギーを支配する者は、全大

陸を制す。 

   貨幣を制する者は、世界を制す。 

 

― ヘンリー・キッシンジャー(1973

年) ―




ギャンブル氏は、続けます。

 

  エネルギーと食糧という、二つの非常に重要な分野で、同じ少数のエ

リート銀行経営家族とその企業が支配してきた影響は、壊滅的なもの

でした。

 

  私は、このような支配力の独占を知って、最初は、困惑しましたが、

”大変だが、治る病気に罹っていること”を知ることが重要な事だと思い

ました。

 

  治すことが目標なら、原因と仕組みを理解することが大事です。

  そこで、調査を続けました。

巨大な銀行経営一族の支配力は、石油と食糧以外に、どこに表われる

のか?

  お金の流れを追って行くと、生活のほぼ全般に、同じ支配のパターン

が見え始めました。

  そして、同じ少数の家族が、直接的に銀行や企業を通じて、または間

接的に大規模な財団を通じて、いつも支配権を握っているのです。

  ロックフェラー一族は、カーネギー財団、のちにはフォード財団からの

援助を受けて、「全米教育協会」を創立しました。

  彼らの目的は、従順で大人しい労働者となるよう教育し、管理し易い

従業員や消費に熱心な消費者を創り出すことでした。


  ジョン・ガット氏(John Gatto:教育家、『アメリカの教育に対する反体

制の歴史』の著者)の言葉です。

   ≪学校は、権威への反応を習慣づける所です。だから、12年(小・中

・高)も、かかるのです。

  権威者の命令には、反射的に反応しなければならないのです≫

と。【つづく】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Trive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(15) | トップページ | Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(17 ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Links