フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(17 ) | トップページ | Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(19 ) »

2012年5月15日 (火)

Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(18 )

 ギャンブル氏の言葉です。

  私は、避けることのできない、この上もなくショックな結論に達してし

ました。

  エリート集団と、彼らの経営する企業が実際に支配しているのは、エネ

ルギーや食糧供給、教育、医療だけでなく、生活すべての側面なのです。


  この支配は、金融の支配によって行われます。「価値」を生み出すので

はなく、資金源を、実際に支配するのです。

 お金を追って行くと「ピラミッド」のようになっていることが解かりました。


  一番下は、生活を日々営む
「一般の人々」です。 

その上は「政府」です。力の独占を許され、それを使って、有無を言わ

せず課税し、支配します。

  「政府」を支配するのは、誰でしょうか? 次の階層は、「企業」です。

世界を現在、支配しているのは、国家ではなく、企業だと、よく言われ、

これを「企業統治体」と呼んでいます。


 
  世界の資源を獲得し、市場を支配するために「企業統治体」

金利の資金の利用を必要としています。

  大企業は、大銀行で、特別の金利で融資を得ることができます。

つまり、大手銀行を支配する金持ちのエリートが、最終的に企業を支

配しているのです。

  お金の流れを追って行くと、お金に関する、今までの考えが、殆ど間

違っていることが解かりました。


デビッド・アイク(David  Icke ) 氏の言葉です。

  ≪ごく日常のことには、疑問を投げ掛けないのが普通です。

  例えば、銀行に行って、5万ドルとか5万ポンドのローンを申し込むと、

実際に、何が起こるのでしょうか?

  殆どの人は、ぼんやりしたイメージを持って、Photo

日々を過ごしています。

  実際には、5万ポンドのローンを申し込むと、銀行

は、「5万ポンド」と、口座に書き込むだけなので

す。

  コインやお札を造ったり、貴金属を移動させたり

するのではなくて、コンピューター画面で、口座に、「5万ポンド」と

入力するだけなのです。

  その瞬間から、過去にも現在にも、将来にも、全く“存在しないお金”

「利子」払い始めることになります≫ と。


  ギャンブル氏の言葉です。

  銀行は、金庫室に保有しているお金の約9倍を貸し出しています。

これが可能なのは「部分準備制度」があるからです。

  この「制度」では、連邦準備銀行や国の中央銀行が、銀行が保有する

準備金の割合を決めることが、法的に許可されています。

  米国では現在、約10%です。1万ドルを銀行に預けると、銀行は、

その10%、千ドルをとっておいて、残りのお金を貸し出します。


   例えば、別の人が、その銀行を訪れ、9千ドルの車のローンを申し

込むと、銀行は、あなたの預金から、9千ドルを貸し出します。もう、

無くなってしまいました。

  借り手は、車の売り手にお金を払い、売り手は、同じ中央銀行制度内の

別の銀行に、それを預け入れます。

  この9千ドルは、新たな預金として扱われ、この過程が繰り返されます。

預け入れと貸し出しを繰り返して、最初1万ドルの預金が、10万ドルに

なりました。

  銀行は、あなたのお金を貸し出して、9万ドルを”創り出した”ことに

なります。    【つづく】

 

 

 

 

 

 

 

« Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(17 ) | トップページ | Thrive(繁栄)―いったい何が必要になるのか(19 ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Links