フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Thrive(繁栄)-いったい何が必要か(2) | トップページ | Thrive(繁栄)―いったい何が必要か(7 ) »

2012年4月19日 (木)

Thrive(繁栄)―いったい何が必要か(3)

 私は、特権と権力の世界で育ち(*ギャンブル氏は、世界的に

有名なP&G」社の御曹司)、私立エリート校、そして、プリンストン

大学(*ハーバードやエールと並ぶ、アメリカの名門大学)に進み

ました。

 P&Gの創業者の子孫として、将来は、会社を率いるように育て

られました。

 しかし、私は、違う道”を選びました。


       法則を解き明かす



 目覚め始めたのは、小学生の頃でした。

核爆発から身を守るには、”机の下にもぐって、頭を守れ!”と、

大人に教えられたのが、深刻な疑問を抱くきっかけとなったのです。

 数年後、私は、宙エネルギー”を直接、体験しました。



 ある日、スクールバスの窓から外を見ていると、渦巻き文様”

見えました。

 今、見ているエネルギーの流れは、原子でも太陽系でも同じだ、

と直感しました。

 そして、自分も”同じ形で出来ている”と実感したのです。



 科学の世界に入ったのは、この体験が、きっかけでした。

宇宙の仕組みを解明し、生命エネルギーの「型」の中で、

人間が占める位置を知りたかったのです。

 何年か経ち、一部の科学者が、私の見た「型」を知っていることが

分かりました。



 宇宙で、エネルギーが放出されると、小さくて完全なパッケージ”

が、幾つも生まれることを発見した功績で、1921年に、アインシュタ

イン(1879~1955)が、ノーベル賞を受賞しています。

 この「型」から、生命の進化について、多くの事が分かります。



 宇宙が創った物は、永続的ですが、人間が創った物は、持続

しません。

 そこで、私は、宇宙が、どのように生命を創り出し、維持するか

を知れば、役に立つと考えました。

 アインシュタインが発見した”小さくて完全なパッケージは、陽子、

正確には、光子(こうし)です。

 周囲に在る物で構成されていますが、それは、水の中の渦のよう

に、はっきりと分かるものです。

 これは、大きさに関わらず、必ず同じ「型」です。


 そして、中東戦争、世界金融破綻、正義の実現”といった、

一見、関係のない問題に、関連しています。

 ご説明いたしましょう。 【つづく】

« Thrive(繁栄)-いったい何が必要か(2) | トップページ | Thrive(繁栄)―いったい何が必要か(7 ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Links