フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« オバマ政権の実像(22) | トップページ | オバマ政権の実情(24) »

2012年2月21日 (火)

オバマ政権の実像(23)

 歴史学者のタープレイ氏は語る。

 「人類が原因と思われている”地球温暖化の既成事実こそ、真っ赤なウソ”です。

人類の活動が気温上昇の主な原因といったことなど、ニセ科学者のたわごとです。

 全部、大嘘です!

巨大な手の込んだウソの塊です。


 ナチスドイツを思い出して下さい。

優生学・民族浄化ー。

 彼らは、アーリア人は、どの民族よりも優れていると主張しました。

勿論、そんなことは、馬鹿げた、絵空事でしたが、現在、同じような現象が進行中です。

 彼らは、もっともらしく、「地球温暖化」を、人のせいにしています。

それをよいことに、炭素税と排出権取引制度をたくらみ、アル・ゴアやチャールズ皇太子を始めとする、

銀行・支配階級のエリートは、ほくそ笑んでいます。

 この環境問題を武器に進めている計画は、現状のエリート銀行マンによる絶対的な影響力を

永続させるためで、一般市民は、その”おこぼれで生きてゆけ”ということです。

 しかしながら、排出量取引・地球温暖化防止のための炭素税は、北極グマを救おうとするわけですが、

本当のところは、人間が死んでしまいます。

 これらの環境税は、”大量破壊兵器”と言ってもよいでしょう。

数百万、ややもすると数億人単位で、被害を受けます。

 温暖化対策だけを見ても、これからのアフリカ諸国の開発はストップするでしょうし、東南アジアの

豊かでない国々の発展も、夢と消えるでしょう。また、われわれ人類全体の経済成長も未来永劫、

見込めなくなります。
 
 ですから、ニセ科学者の悪巧みを皆様に知ってもらい、エリート達の罠にかからないように反対することです。

もう一つつけ加えるならば、こんな事、気象専門家でなくても、ウソだと分かります。

 私は、歴史家です。私の知る限り、数千年にわたり、地球は、暖かい状態にあります。

それは、歴史学的に「中世の温暖化」と呼ばれています。

 北半球のかなり北の地域でも、ブドウなどの南国のフルーツが栽培されていました。
 
 
 その時期は、1100~1200年頃でしょうか。

その中世の温暖期の原因は、黒点活動が、非常に活発に行われることによるそうで、私たちは、

今まさに、その黒点活動のピーク時に当たるようです。

 ですから、今、確かに温暖化にあるようですが、「中世の温暖期」に経験した範囲内です。


 1600年から1650年にかけては、小規模の氷河期が北ヨーロッパを訪れ、ドイツ、オランダなどの港は、

氷で閉鎖されました。

 その寒さの原因は、黒点、太陽活動の減少です。

地球の温度の上昇・下降のほとんどは、太陽の活動によるもので、この気温の上昇は、地球だけでなく、

他の惑星でも観測されています。

 地球温暖化は、太陽が原因で、許容範囲内で特別危機感のあるものではないのです。

ですから、独裁エリートたちの並べる科学的証拠は、信憑性に欠け、ニセ科学者たちの発言を鵜呑みに

してはいけません」と。


(2)警察国家への道

 社会工学に詳しいエリートの中には、熱狂的なオバマ・フィーバーは、急速に鎮静化することを予見し、

次のステップである、歴史上もっとも圧政的な警察国家の確立に着手し始めました。

 事実、2万人規模の精鋭部隊を一般道路に配備し、国民への監視を実際に始めています。


 FEMA=連邦緊急管理庁(災害・テロなどの緊急時に省庁を超えた組織)は、すでに各地に

巨大な収容キャンプを建設し、議会も、それを支援するHR645といった市町村・地域警察組織を一括して、

FEMAが、すべてを掌握する法律も提出しています。

 未来政治学者のセレンテ氏は語る。

 「敏感な方はお気づきのように、これは、経済恐慌による市民暴動を予測した行動にほかなりません。

既に収容キャンプは全米で稼働し、警察は、経済の悪化とともに食料強奪などの市民の暴動化の鎮圧・

収監の準備をしています。つまり、FEMAは、準備万端です」と。


 ナレーターは語る。

 そんな中、オバマ大統領は、国防省令1404.10を発令した。これによって、彼は、オバマ直属の

百万人の民兵(私設兵)の設立を呼び掛けた。

 同時に、オバマは、www.usaservice.gov といったサイトを作った。これは、一見、連邦政府のための仕事

だが、オバマ直属の親衛隊を作るもので、その親衛隊は、軍司令から離れ、オバマの命令のみで働く、

全くの私設兵なのだ。

 オバマは、G・W・ブッシュが署名した”大統領令51(テロなどの緊急時、すべての権限を行使できる法)”

を、以前は、撤回する意向を示していたが、実際は、返上を拒否した。

事実、大統領令51は、大統領が、すべての権利を行使できる独裁者で、”議会は形式的なもの”であることを、    明言したような物である。 【つづく】

(後記:明日・水曜日は休みます。)

« オバマ政権の実像(22) | トップページ | オバマ政権の実情(24) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Links